NISA(ニーサ)口座のよくある質問

以下は
Q:NISAとは?
A:NISA(ニーサ)は、平成26年1月から始まった少額投資非課税制度の愛称です。
証券会社や銀行などの金融機関で、少額投資非課税口座(NISA口座)を開設して上場株式や株式投資信託等を購入すると、
本来20%課税される配当金や売買益等が、非課税となる制度です。
購入できる金額は年間120万円までで、非課税期間は5年間です。

 

Q:NISAは一人いくつまで開設できますか?
A:一人につき一口座です。

 

Q:NISAの移管はできますか?
A:できます。ただし、以前に保有していた口座で買い付けた株式や投資信託が保有中の場合は、
それらの株式については、以前に保有していた口座のある証券会社での売買となります。

 

Q:NISAの移管をした場合、買い付け余力の移管もできるのでしょうか?
A:いいえ、買い付け余力は以前に保有していた証券会社に残ることになります。
例)2016年11月に証券会社Aから証券会社Bへ移管。その場合、2017年から証券会社BのNISAこうざでの売買が可能となります。
ですが、それ以前の銘柄の売買は、証券会社Aで引き続き行うこととなります。

 

Q:利用限度額は?
A:NISA口座を通じて上場株式や株式投資信託等を購入できる限度額(非課税枠)は、一人年間120万円です。
上場株式や株式投資信託等の買付代金で、手数料等は含みません。

 

Q:これから証券会社に口座を開設するつもりです。NISA口座も一緒に開けますか?
A:店舗であれば申し込みはできます。ネットの場合は口座開設時にNISAも申請することができます。
が、証券会社などの金融機関では、お客様からNISA口座開設の申込受付後、NISA口座が二重に開設されないよう税務署を通じて確認し、
税務署から「非課税適用確認書」の送付を受けます。そこから開設となりますので、NISA口座の開設は、
通常の証券会社の口座開設時よりは多くの時間がかかります。

 

Q:今年、NISA口座を開設しました。一度も売買をしませんでした。5年間の制度とききましたが、期限は延長されますか?
A:されません。

 

Q:今年、株式を100万円で買い付けました。倍になったので、半分売却しました。売却後の現金で、買い付けることはできますか?
A:できません。

 

Q:NISA口座での損益を一般口座や特定口座との損益通算はできますか?
A:NISA口座自体が非課税なのでできません。

 

Q:配当金や分配金はNISA口座で受け取れますか?
A:NISA口座で買付けた上場株式の配当金や、ETF、REITの分配金を非課税とするためには、
証券会社で配当金や分配金を受領する「株式数比例配分方式」を選択していただく必要があり、
所定の手続が必要となります。